ニーズ別に探す 格安スマホ

私が2019年にiPhone7を購入した理由とおすすめポイントをひたすら語ってみる

更新日:

2019年iPhone7おすすめ記事トップバナー

こんにちは、管理人です。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。
私事ですが、この度5年ぶりに新しいiPhoneを購入しました。

購入した端末はiPhone7 32GBブラックです。

2019年購入したiPhone7

2019年現在、iPhone Xsだ、Maxだ、XRだと言われているこのご時世に、iPhone7を購入しました。

Aさん
えっ3年前の機種ですけど・・・

Bさん
なんでiPhoneXsじゃないの?www

そんな事を思う方も多いかも知れませんが、iPhone7に大変満足しています。

iPhone7めっちゃいいです。
この子を最低4年は使い倒してやろうと思っています!

iPhone7は、

  • スマホはLINEとネットの閲覧とSNSくらいしか使わない
  • 片手で操作できなきゃ嫌だ
  • スマホに10万!?高すぎwww

そんな人におすすめのiPhoneです。
2019年の今、一般的なスマホユーザーにとってコスパ最強なiPhoneはiPhone7だと思っています。

この記事では、私のように2019年にiPhone7を買おうか悩んでいる方へ全力でiPhone7をおすすめしています。
私が実際にiPhone7を購入した理由や、iPhone8を買わなかった理由、2年間利用した場合の一番安い通信会社なども比較しているので、これからiPhone7を購入しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

私が2019年にiPhone7を買った理由

iphone7

iPhone7は2016年に発売された機種です。3年前の機種ですね。
新型iPhoneへ買い換えるのが一般的である中、私がiPhone7を購入した理由は4つありました。

  1. 正規で買えるiPhoneの中で一番小さい
  2. 値下げされて5万円台で買えるようになった
  3. デザインがシンプル
  4. apple payが使える

iPhone7は小型スマホユーザーにとって現時点の最適サイズ

iphoneXSと7、SEの比較画像

6インチなどの大きなスマホが主流となっているものの、iPhoneSEを筆頭とした小型サイズのスマホが好きなユーザーの方もまだまだたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

私もそのひとりで、iPhoneSE2の発売を今か今かと待ちわびていました。
しかし2018年9月の発表でもその願いは叶わず、買おうか悩んでいたiPhoneSEですらもAppleStoreから消えてしまいました。

AppleStoreのiPhoneラインナップ

AppleStoreからiPhoneSEが消えました・・・

iPhoneSEが消えた今、正規で購入できるiPhoneで一番コンパクトなモデルはiPhone7になります。

iPhone6とiPhone7の比較画像iPhone7はiPhone6とほぼ同じサイズで、(数ミリ大きいですが)女性の方でも片手で操作が可能。
4インチのiPhoneSEに比べると流石に大きいですが、厚みはiPhone7の方がずっと薄いですし、iPhoneXSやXRのような大型iPhoneに比べるとずっとコンパクトです。

2019年、iPhone7はめちゃくちゃ安い

2018年9月のiPhoneXS、XRの発表後、iPhoneSEがラインナップが消えたのと同時にiPhone7とiPhone8は値下げされました。
これにより、iPhone7の値段は32GBの場合61,800円から50,800円になりました。
11,000円の大幅値下げです。
他のモデルと比較してみると、iPhone7がめちゃくちゃ安いことがわかると思います。

モデル 価格
iPhone7 50,800円〜
iPhone8 67,800円〜
iPhone XR 84,800円〜
iPhone XS 112,800円〜

デザインがシンプル

私は5年使っていたiPhone6のデザインが気に入っていませんでした。特に上部のこの部分です。

iPhone6上部
iPhoneSEを長年悩んで購入しなかった理由も、なぜ上下色を変えたの!?と理解ができなかったためです。

iPhoneSE

この上下のバイカラーが気になります・・・

iPhone7も多少デザインに疑問が残る部分はありますが、私の購入したブラックは非常にシンプルで気に入っています。

iPhone7背面
ケースをつける方がほとんどですので、気にならない人の方が多いのかも知れませんが、私はケースを付けない派のため背面デザインはかなり重視して選びました。

iPhone7のスペックは日常使いにちょうど良い

Aさん
3年前のiPhoneだからスペックも使えないんじゃないの?

いえいえ。
iPhone7は2019年の今もバリバリ使えます。
むしろメール・電話・SNS閲覧などの日常使いに使うならちょうど良いスペックだと思いますよ。

iphone7

カラー ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
サイズ 幅67.1×高さ138.3×厚さ7.1mm
重量 138g
ディスプレイ 4.7インチ
カメラ 12MP
プロセッサ A10 Fusionチップ
容量 32GB/128GB
その他 Touch ID、耐水性能、apple pay

iPhone7はiPhone6、SEなどと比べると大幅にスペックがよくなっています。
ARや高画質のゲームなどの利用は厳しいものがあるかも知れませんが、メールや電話、SNSの利用などの日常使いがメインとなる方であればストレスを感じることは全くありません。

POINT
  • メールやLINE
  • 電話
  • SNSの閲覧・投稿
  • ネットの閲覧
  • 一般的なゲームやTikTokなどのアプリ

ストレスなく使えます!

カメラ

今はコンデジよりもスマホで撮影する人が多いため、カメラのスペックを重視する方はとても多いと思います。
iPhone7のカメラスペックをまとめてみました。単体のスペックだけだとわかりづらいと思うので、最新のiPhoneXSと比較しています。

スペック iPhone7 iPhoneXS
カメラ 12MP 12MP
(広角と望遠)
F値 1.8 広角:1.8
望遠:2.4
手ぶれ補正
光学ズーム ×
デジタルズーム 5倍 10倍
ポートレートモード ×
4Kビデオ撮影 30fps 24fps、30fpsまたは60fps
HDビデオ撮影 30fps、60fps 30fps、60fps

iPhone7のカメラスペックは最新のiPhoneXSと比べるとどうしても劣ってしまいます。(3年の差はやはりありますね!)
特にiPhoneXSのカメラは本当にきれいです。あたらしくポートレートモードなども搭載されて、発売時に大きな話題となりました。
見たことある方も多いと思いますが、iPhoneXSで撮った写真は一眼レフで撮ったのかと思うようなきれいな写真が撮れます。

しかし、一眼レフ並みに美しい写真を、あなたはどのような用途で使いますか?

私はiPhoneで写真を撮ってもinstagramへアップするか友達へ送る程度にしか使いません。あとはたまに見返して「懐かしいなー」と思い返すくらいです。
私と同じような用途の方であれば、iPhone7のスペックでも十分満足のいく写真が撮れますよ。
よっぽどiPhoneのカメラにこだわりたい方以外は、iPhone7で問題ありません。

POINT

iPhone7のカメラスペックは最新iPhoneより劣るけれど、instagramへアップしたり友達と共有する程度なら十分きれいに撮れる!

apple payに対応

applepay

個人的に一番のポイントと思っているのが、iPhone7からapple payに対応していることです。

これは、日常使いユーザーにとっても革新的な機能だと思います。(大げさですかね?)
長年iPhone6を利用していた私も、今回買い換えてからapple payの利用をはじめましたがとても便利です。手放せないです、モバイルsuica。
コンビニに行くだけならお財布は不要になりました。画期的です。

今からiPhoneを買うならapple payが使えるiPhoneにするべきです。iPhone6sやiPhoneSEを買うのは勿体無いです。
そしてこの便利なapple payが利用できるiPhoneの中で、一番安価なのがiPhone7です。

POINT
  • apple payを使えるのはiPhone7以降の機種
  • apple payにモバイルsuicaを入れればコンビニもお財布不要
  • 面倒なチャージもスマホで完結して便利!

→apple pay対応で今一番安いのがiPhone7!

2022年までは最新iOSサポートの対象を受けられる可能性大

iOS12

3年前のiPhoneとなると、長く使えないんじゃないかと不安に思う人も多いと思いますが、2018年9月にappleで発表されたiOS12はiPhone5sまで対応しています。
これを基準にすると、2016年に発売されたiPhone7は、2022年9月の新iOS発表前までは最新のiOSを利用できる可能性が高いです。
2019年の今から購入しても4年も使うことができます。

iPhoneは通常2年で買い換える方が多いことを考えると、4年は十分過ぎる期間使えると言えるのではないでしょうか。

POINT

iPhone7は2019年に買っても4年は最新iOSが使える!

iPhone6から乗り換えて感じたiPhone7の劇的進化

私はiPhone6を5年利用していたのですが、iPhone7に乗り換えてここが違う!と感じることがたくさんありました。(もちろん良い意味で)
iPhone7を購入検討されている方は私と同じようにiPhone6や6s、iPhoneSEユーザーが多いと思うので、実際に使ってみて感じた性能の変化を紹介してみたいと思います。

  1. ホームボタンのタッチ感がかなり違う
  2. Touch IDの精度が段違い
  3. apple payは本当に便利
  4. カメラがきれい

ホームボタンの変化

iPhone7のホームボタン

買い換えて一番変化したと感じたのがホームボタンです。

iPhone6ではボタンを押すとしっかりと沈む感触がありましたが、iPhone7ではありません。

また、Touch IDの精度が全然違います。
iPhone6の時はTouch IDの精度が低すぎて全く利用していなかったのですが(と、言うより利用できなかった)、iPhone7に買い換えてからはTouch IDしか使わないくらい反応が良いです。

apple payは本当に便利

先ほども書きましたがapple payは本当に便利です。
思わず二度書いてしまうほどに便利。これを読んでいる方は、apple pay非対応の機種を使っている方も多いと思うので、ぜひ買い換えた際には導入してみてください。

カメラがきれい

先ほどiPhoneXSと比較したため、劣っているように思われたかも知れませんが、iPhone6に比べるとiPhone7はとてもきれいに写真が撮れます。
私はInstagramにアップしたりする程度の利用しかしないライトユーザーのため、このスペックで大満足です。

iPhone7を購入するなら

2019年3月現在、iPhone7の正規新品は以下で購入できます。

iPhone7×iPhoneXS・iPhone8を比較してみた

ここからは、iPhone7との比較候補に上がりやすい最新モデルのiPhoneXSとiPhone8を比較してみたいと思います。

iPhoneXSとiPhone7の比較

まずは2019年3月時点で最新モデルであるiPhoneXSと、iPhone7を比較してみたいと思います。
価格・容量・サイズなど基本的な情報を表にまとめてみました。

iPhoneXSとiPhone7の比較画像

  iPhone7 iPhoneXS
価格  50,800円(32GB)  112,800円(64GB)
容量 32GB、128GB 64GB、256GB、512GB
カラー
サイズ(幅×高さ×厚み) 67.1×138.3×7.1mm  70.9×143.6×7.7 
重量 138g 177g
ディスプレイ  4.7インチ 5.8インチ 
カメラ  12MP 12MP 
ID  Touch ID Face ID 
プロセッサ A10Fusionチップ A12 Bionicチップ
耐水性能  水深1mで最大30分 水深2mで最大30分 
ワイヤレス充電  × ◯ 

比較画像を見てもわかる通り、iPhoneXSに比べると、iPhone7はとてもコンパクトです。

また値段もiPhone7の方がかなり割安に感じるかと思います。
iPhone7とiPhoneXSでは62,000円もの差があります。iPhone7が2台買えますね・・・

  • iPhone7:50,800円〜
  • iPhoneXS:112,800円〜

容量が32GBと64GBで異なりはしますが、やはり1桁違うとなるとハードルもかなり高いと感じるのではないでしょうか。

また、画像を見るとわかるとおりiPhoneXSにはホームボタンがありません。
そのため、Touch IDの代わりにFace IDを使うことになるのですが、まだまだ性能が良いとは言えないようで、ネットの評判などを見ているとTouch IDの方が安定して使うことができそうです。
(暗闇で反応しにくいとか、マスクをしていると反応しないなど・・・)

簡単に言うとiPhoneXSとiPhone7はここが違う

スペックを紹介してみましたが、よくわからない部分もあると思いますので、日常使い(メール・電話・SNS・ネットの閲覧)ユーザーが気にすべき目線でiPhoneXSとiPhone7の違いをあげるとすれば以下の5つになるのではないかと思います。

POINT
  1. 大きさ&重さ
  2. カメラ性能
  3. 処理性能
  4. ワイヤレス充電
  5. Face ID

私自身もiPhone7を購入前にiPhoneXSの実機を確認したりもしましたが、とにかく大きくて重たいです
今回iPhone7を購入候補にあげている方は、おそらくiPhone5s〜iPhone6sまでのiPhoneを使っている方が多いと思うので、その大きさと重さに驚愕するはずです。

良い点は、カメラがとんでもなくきれいな点と、処理速度が速いこと。

カメラは一眼レフ並みにきれいな写真が撮れますし、ポートレートモードはきっと使っていて楽しいと思います(使うのは最初のうちだけだと思いますが・・・)。

処理速度もiPhone7やそれ以前のモデルと比べると桁違いに速いので、動作が遅くてストレスを感じるようなことはほぼないでしょう。
しかしこれは、日常使いするユーザーにとってはオーバースペックです。

以下に該当しない限りはiPhone7の性能で十分満足できると思います。

  • 一眼レフレベルのきれいな写真を撮る必要がある
  • AR、3Dゲームなどで遊ぶ

いろいろなところで言われていますが、今回発表されたiPhoneXSはオーバースペックなくらいハイスペックなiPhoneです。
かなりの高級路線iPhoneのため、日常使いする方にとっては持て余す可能性が高く、正直言って普通に使うほとんどのiPhoneユーザーにとってはお金が勿体無いと思います。
iPhoneにそこまでの機能を求めない方はiPhone7や8で十分満足できると思いますよ。

iPhoneXSは以下のショップで購入ができます。

iPhone7とiPhone8の比較&私が買わなかった3つの理由

iPhone7を購入する前に必ず候補に上がるのがiPhone8ではないでしょうか。
私も最後まで7にするか8にするかで悩みました。ここからはiPhone7とiPhone8を比較してみたいと思います。

iPhone8とiPhone7の比較画像

  iPhone7 iPhone8
価格  50,800円(32GB) 67,800円(64GB)
容量 32GB、128GB 64GB、256GB
カラー
サイズ(幅×高さ×厚み) 67.1×138.3×7.1mm  67.3×138.4×7.3mm
重量 138g 148g
ディスプレイ  4.7インチ 4.7インチ
カメラ  12MP 12MP 
ID  Touch ID Touch ID
プロセッサ A10Fusionチップ A11 Bionicチップ
耐水性能 水深1mで最大30分 水深1mで最大30分
ワイヤレス充電  × ◯ 

iPhone7とiPhone8のスペックはほとんど同じ

上の表を見てもらうとわかると思うのですが、iPhone7とiPhone8のスペックってあんまり変わらないんですよね。

大きく変わるとすれば、ワイヤレス充電と、背面がガラスだと言う点くらい。
これはもう好みになるのかなぁと思います。

POINT

iPhone7とiPhone8の大きな違いはこの2点のみ!

  • ワイヤレス充電ができる
  • 背面デザイン(ガラス)

私がiPhone8を買わなかった3つの理由

私がiPhone7と8を比較した結果、iPhone8を変わらなかった理由は3つあります。

  1. iPhone8の方が若干大きい&重い
  2. カラーがなぜグレー?
  3. 64GBで67,000円は高い

まずはじめに、iPhone8の売りの一つと言えるワイヤレス充電に魅力は感じませんでした。

そして実際に手に取って見て気になったのが、サイズと重さ。
数値だけみると同じ4.7インチで同じと思いきや、微妙にiPhone8の方が大きく、10g重いんですよ。
たった10gかと思うかも知れませんが、小型スマホが良い方には結構気になる問題だと思います。

モデル 32GB 64GB 128GB 256GB
iPhone7 50,800円 61,800円
iPhone8 67,800円 84,800円

またスペックがほとんど変わらないのに値段が67,000円と割高なのも気になりました。
対してiPhone7は128GBのモデルでも61,800円で買えるんですよ。

スペックが変わらないのにiPhone8の64GBを買うよりiPhone7の128GBを買った方が2万円以上安いです。

iPhone8

そして最後に一番言いたいのがカラーです。
iPhone8のカラーはブラックではなくスペースグレーなんですよ。なぜグレー?ブラックじゃだめだったのかな・・・これ写真で見るとかなりブラックっぽいですが生でみると結構グレーです。

懐かしの背面ガラスは高級感もあって素敵だったんですが・・・ブラックだったら購入を検討していたかも知れません。
これはケースを使用しないから気になるだけで、ケースを付ける方にはあまり気にならない問題かも知れませんね。

iPhone7よりiPhone8を買うのがおすすめなのはこんな人

比較した結果、iPhone7よりもiPhone8を買った方が良いのはこんな人です。

  • 背面ガラスデザインが良い人
  • ワイヤレス充電が利用したい人
  • 1年でも長く使いたい人

iPhoneのiOSサポートは当たり前ですがiPhone8の方が1年長く受けられるでしょう。
今から買っても5年は最新iOSを使える可能性大です。
そのため、1年でも長く使いたい方は多少割高でもiPhone8を選んだ方が良いと思います。

それ以外はほとんどスペックが同じなため、個人の好み次第。
私とは逆にiPhone8のカラーやデザインがお好きな方はiPhone8を選ぶことをおすすめします。

iPhone8はApple Storeはもちろん、まだキャリアでも正規購入が可能です。

2019年iPhone7を一番安く買う方法

iphone7

いくら安くなったとは言え、せっかく買うのですから少しでも安く買いたいですよね!
ここからは、1円でも安く正規の新品iPhoneを購入する方法を紹介します。今回は正規で新品のiPhone7を購入する方法のみをまとめてみました。
中古やリファービッシュ品であればさらに安く買えると思いますが、この記事では省いていますのであらかじめご了承ください。

2019年iPhone7を正規購入する方法

iPhone7は3年前に販売された機種のため、正規(リファービッシュなどでない)の新品を購入できる店舗は少なくなってきています。
2019年3月現在販売しているのは以下の店舗のみです。(ウェブ購入の場合)

SIMフリーのiPhoneを購入する場合はAppleStore一択となりますが、安く買うなら通信会社の割引を利用するのもおすすめです。

各社の実質端末代金比較

早速各社の料金を比較してみました。AppleStore以外は割引を契約期間いっぱいまで(24ヶ月)適用した場合の料金を記載しています。

  32GB 128GB
Apple Store 50,800円 61,800円
docomo 3,600円 なし 
UQモバイル 33,696円 47,196円
Y!モバイル 33,696円 46,656円
BIGLOBEモバイル 31,200円  43,200円
この表で記載している料金プラン内容

  • docomo:docomo with適用後2年利用した場合の実質端末代金
  • UQモバイル:マンスリー割(プランM)を利用した場合の実質端末代金
  • Y!モバイル:月額割引Mを利用した場合の実質端末代金
  • BIGLOBEモバイル:スマホまる得Mプランを利用した場合の実質端末代金

docomoがダントツに安いですね・・・!

docomoでは2019年2月27日からdocomo withの対象端末にiPhone7が加わったため、新規でiPhone7を購入すると永年1,500円/月が割引されます。機種変しない限りずっと割引が適用されるため、長く使うほど実質端末代金は安くなる計算になります。

docomoオンラインショップで在庫情報をチェック

各社で2年間使った場合の総額料金比較

しかしながら、先ほどの比較はあくまでも端末代金のみ。
iPhoneを使うにはSIMカードを挿すわけですから、いくら端末代金が安くても月額使用料金が高ければトータルすると損する場合も多々あります。

そのためここからは、AppleStoreで購入してmineoを利用、docomo、UQモバイル、Y!モバイル、BIGLOBEモバイルを2年間利用した場合の総額料金もまとめてみました。
条件をなるべく統一させるため、以下の条件の金額を集計しています。

  • データ容量:3GBのプラン
  • かけ放題:つける
  • 期間:2年間
  32GB 128GB
Apple Store購入+mineo 107,440円 118,440円
docomo 147,600円 なし
UQモバイル 103,211円 115,211円
Y!モバイル 106,176円 119,136円
BIGLOBEモバイル 102,120円 114,120円

各社を集計した結果、わずかにBIGLOBEモバイルが安い結果になりました。
iPhone7を安く使うなら2019年現在BIGLOBEモバイルが良さそうです。

BIGLOBEモバイルロゴ_見出し

かけ放題が不要な人はもっとお得!

先ほどは各社の料金プランを合わせるためにかけ放題をセットにしましたが、かけ放題は不要だと言う人はもっと安く利用することができます。
かけ放題を利用しない場合、AppleStoreでSIMフリー端末を購入してmineoを利用するのが最安となります。

端末代金:50,800円(32GB)
mineoAタイプ(3GB):36,240円(1,510円×24ヶ月分)
合計:2年総額 87,040円

先ほど最安だったBIGLOBEモバイルよりも15,000円ほど安く利用できます。
実際、私はかけ放題を付けるほど電話を利用しないため、AppleStoreでSIMフリーを購入しmineoのSIMを挿しています。

結論:一番安くiPhone7を購入&利用する方法

端末の実質代金・2年間使った場合の総額料金を比較してきましたが、2019年iPhone7を正規で購入して一番安く利用するなら以下いずれかの通信会社がおすすめです。

  • かけ放題を利用する場合:BIGLOBEモバイル
  • かけ放題を利用しない場合:mineo (iPhone7はAppleStoreでSIMフリーを購入)

iPhone7は在庫状況が流動的です。現在の在庫状況は公式サイトでチェックしてみてください。

まとめ:2019年iPhone7はコスパ最強

2019年iPhone7おすすめ記事トップバナー

随分長くなってしまいましたが、iPhone7はiPhone8とほぼ同様のスペックを搭載した、日常使いをする人にとっては十分高性能なiPhoneです。

価格も2018年9月から値下がりがはじまっていて、SIMフリーでも50,800円〜購入することができる低価格で、コスパ最強だと言えるのではないでしょうか。
docomo withへの追加をはじめ、今後他社でも値下げになる可能性もありますので、お手頃価格のiPhoneを使いたい方は在庫がある今のうちに購入することをおすすめします!

▼ちなみにdocomo withは3月現在すでに欠品が出ているようです。▼

docomo with2019年3月の在庫状況キャプチャ

2019年の今、iPhone7はこんな人におすすめです

iphone7

最後に2019年の今、iPhone7を買うのがおすすめな人を紹介します。
以下に該当する方は、最新のiPhoneXSよりもiPhone7がおすすめですよ!

  • 片手で操作したい人
  • 安くiPhoneを買いたい人
  • メールや電話・SNS利用がメインの人

iPhone7は型落ちスマホのイメージが強いかも知れませんが、日常使いであれば十分すぎるほど快適に使えるスペックを兼ね備えています。
iOSサポートも2022年までは対応の可能性が高く、今買っても4年は最新iOSを使うことができます。

POINT
  1. 片手で操作できるちょうど良いサイズ感
  2. 日常使いであれば十分過ぎるほどのスペック
  3. 50,000円から買えるお手頃価格
  4. 今買っても4年間最新iOSが使える
  5. SIMフリー×mineoの組み合わせなら2年間総額87,000円〜使える

私も実際に2019年の今、iPhone7を買いましたがとても快適です。なんども言いますがapple pay便利すぎる!
これからiPhone7を買おうか検討されている方、iPhone7おすすめですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone7をかけ放題付きで一番お得に使うなら

BIGLOBEモバイルへ申し込む

かけ放題不要なら2年総額87,000円で利用可能!

mineoへ申し込む!

mineo(マイネオ)

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-ニーズ別に探す, 格安スマホ

Copyright© au→MVNO auスマホがそのまま使える格安SIM比較 , 2019 AllRights Reserved.