ニーズ別に探す

YouTube視聴やテザリングに必要な容量の目安は?大容量プランのある格安SIM

更新日:

大容量プランのある格安SIM見出し

格安SIMは選ぶ会社によって、選べるデータ容量プランが異なります
そのためYouTubeやテザリングを日常的に利用する人とっては、通信制限がかからないような、大容量のデータプランのある格安SIMを選ぶ必要があります。

ここでは、YouTubeをよく観ている人やテザリングが欠かせないスマホヘビーユーザーにおすすめしたい格安SIMをまとめてみました。

 

YouTubeやテザリングに必要なデータ容量の目安は?

適切なデータプランを選ぶためには、自分の毎月の使用データ容量を知ることが重要です。
自分が月々どれくらい使っているかによって、無駄のないデータプランを選ぶことができます。

先月の使用データ容量を確認する

まずは、実際に自分が月にどれくらいのデータ通信を行っているのかを確認することをおすすめします。

auのデータ量確認方法

auサポートアプリ>今月のデータ容量から確認ができます。

私の最終月のデータ容量はこんな感じでした。
5GBで契約をしているのに、ほとんど使用していなくて、本当にもったいないことをしていました・・・

 

auLTE通信量データ

YouTubeなどの動画視聴に必要なデータ容量はこれくらい

YouTubeが好きで、毎月通信制限がかかってしまう人って私の周りにもたくさんいます。
それほど、多くのパケットを必要とする動画視聴。

音楽などのMVを1曲(約5分)聴いた場合のデータ消費は約25MB
高画質の場合はこの倍近くのデータ通信量が発生します。

では、実際にどれくらいのデータ容量があれば、ストレスなく利用できるのでしょうか?
ここでは、各料金プラン別の視聴時間を表にしてみました。

データ容量  最大利用時間 1日あたり
1GB 3時間 5.8分
3GB 10時間 19.3分
5GB 16時間 32.2分
10GB 33時間 64.5分

 

観ているうちについつい長時間みてしまうYouTubeなどの動画アプリ。
1日1時間観たいと思うと、最低でも10GBは必要そうです。
気になる曲を数曲と、ちょっとした動画の閲覧程度なら、3GBまたは5GBあれば問題ないかも知れません。

この表は、単純にYouTubeのデータ消費量を基に算出しています。
この他にLINEやインターネットの閲覧などの基本的なデータ通信が発生すると考えてください。

テザリングする場合のデータ通信量の目安

テザリングイメージ

既にauでテザリングを利用されている人はご存知だと思いますが、通常大手キャリアでは月のデータ通信量が7GBを超えると通信制限がかかります

格安SIMでは、そのような通信制限を設けている会社は少なく、適切なプランさえ選べば通信制限にかかることなく、いつでもストレスなく利用することができます。

尚、テザリングでノートパソコンなどを利用する際に使用すると思われるアプリケーションの主なデータ消費量は以下の通り。

  • メールの送信・受信:約500KB(1通)
  • インターネットの閲覧:150KB(1ページ)

この消費量を踏まえて、テザリングで1日ノートパソコンを使った場合に想定されるデータ通信量はこちら。

・メールの送信・受信:30通 15,000KB
・インターネットの閲覧:100ページ 15,000KB

合計:30,000KB(29.30MB)

ざっくり出しましたが、メールに添付ファイルがついていた場合や、動画を視聴した場合は、この倍以上にデータ通信料は跳ね上がると考えてください。

さらにスマホでを通常通り使用することを踏まえると、やはり最低でも7GB以上は確実に用意したいところです。

大容量プランのあるau系格安SIMはここ!

YouTubeヘビーユーザー・テザリングユーザーは最低でも7GB以上が必要ということがわかりました。
では、au系格安SIMで、7GB以上のデータプランを提供しているところはどこになるでしょうか?

7GB以上のデータプランのある格安SIM

au系格安SIMで7GB以上のデータプランのある格安SIMは、mineoIIJmioです。
この2社はともに10GBのプランが用意されています。

それぞれの料金・通信速度は以下の通りです。

MVNO 料金(10GB) 通信速度(最大)
マイネオロゴ 3,130円 通信速度(上り):25Mbps
通信速度(下り):225Mbps
3,260 通信速度(上り):25Mbps
通信速度(下り):370Mbps

※mineo・IIJmioともに音声通話機能付きプランの場合の価格です。
※IIJmioはファミリーシェアプランを記載、クーポンを利用した場合の基本使用料です。

mineo、IIJmioともに正直大きな価格差はありませんでした。
通信速度については、環境や端末などによって大きく変わるため、評判・クチコミなどを参考にしてみることをおすすめします。

とはいえIIJmioはau系格安SIMではあるものの、SIMロックを解除しないと乗り換えができないため、初期費用を抑える点で考えれば、mineoがおすすめと言えます。

 

mineoのクチコミをチェックする
mineoの公式サイトへ

データ無制限プランのある格安SIM

UQmobileロゴデータ容量が使い放題がうれしい”無制限プラン”。

au系格安SIMでは、UQ mobileだけこのプランが用意されています。
UQ mobileの無制限プランは、速度が500Kbpsと、高画質の動画視聴にはちょっと厳しいところがありますが、通常程度の動画視聴ではあれば視聴が可能です。

もちろんメールやインターネットの閲覧は問題なくできるので、とくにテザリングする際には重宝するプランではないでしょうか。

基本料金も無制限ながら、mineo、IIJmioよりもかなり安く利用することができます。

MVNO 基本料金 通信速度
UQmobileロゴ 2,680円 送受信最大500Kbps

 

YouTube視聴&テザリングする場合のおすすめ格安SIM

大容量プラン・または無制限プランのある格安SIMをご紹介しましたが、中でもイチオシはやっぱり無制限プランのあるUQ mobileです。

通信速度はやや遅いですが、高画質の動画視聴にこだわらない方であれば、大きなストレスなく利用できます。
また、もちろんメールやインターネット閲覧などの基本的な動作は問題ないので、仕事などでテザリングを利用されている方は問題なく使うことが可能です。

auからの乗り換えの場合、UQ mobileであればグループ会社で安心して乗り換えられるのもうれしいポイントではないでしょうか?

格安SIMでテザリング・YouTubeの動画視聴をしたいって人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-ニーズ別に探す

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.