auからの乗り換え方法

更新月を待つのは損!?auから格安SIMの乗り換えシミュレーション

更新日:

auから格安SIMの乗り換えは更新月を待つべきか シミュレーションしてみた

先日友人に格安SIMをおすすめしたところ、「まだ更新月まで先だから、また近くなったら教えて!」と、言われてしまいました。
聞いてみると、更新月はまだ1年以上も先とのこと。

ここでひとつ疑問が。

あと1年以上も大手キャリアの高額な基本使用料を払い続けるのと、解約手数料を払って格安SIMへ乗り換えるのは、結果どちらが安いのでしょうか?

気になってしまったので、auでiPhone7を買った場合を例に計算してみました!

更新月までまだ先だから・・・と、乗り換えを悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください^^

auで買ったiPhone7。いつ乗り換えがベストか計算してみた

今回は以下のau iPhone7ユーザーを例に考えてみたいと思います。

Aさん

auユーザー:Aさん

端末:iPhone7(32GB)
購入年月:2016年10月
利用歴:もうすぐ6ヶ月

あまりにも毎月の支払いが高いので、auから格安SIMへ乗り換えを検討中。
契約期間があと1年半あるので端末代金がたっぷり残っているのが気がかり。

 

Aさんと同じようなお悩みを抱えている人ってとても多いと思います。
実際に私も同じ悩みを持っていて、結果更新月を待ってからmineoへ乗り換えました。

Aさんの場合、2年の契約満期までauを利用し続けるのと、格安SIMに乗り換えるのではどちらがお得なのでしょうか?

残りの1年半を、auをそのまま使い続けた場合と、mineoのデュアルプラン(Aタイプ)に乗り換えた場合で料金のシミュレーションをしてみました。

※プランはどちらもデータ容量3GBプランを利用すると過程します。
※auは誰でも割契約、スーパーカケホ(1,700円/月)、データ定額3(4,200円/月)加入と想定

※mineoではオプションは付けていません。

 

 auとMNPの比較 auを継続した場合 MNPした場合
基本料金 120,528円 (6,696円/月) 27,180円 (1,510円/月)
端末代金 15,390円 (855円/月) 59,400円 (3,300円/月)
合計 135,918円 (7,551円/月) 86,580円 (4,810円/月)

実際に計算をしてみたところ、auから格安SIMへ乗り換えた方が1年半で50,000円お得になる結果が出ました。

auは端末料金、格安SIMは基本料金が安くなる

Aさんの場合、auを利用している間は毎月割と呼ばれる端末割引きが、2,445円/月分適用されています。(iPhone7の場合)
このままauを利用していると端末自体は、855円/月、本来79,200円のところが、実質負担20,520円で購入できます。

大きな割引きですが、この割引はauを解約した時点で適用されなくなるため、解約後からは正規の価格を支払わなければなりません。
そのため、auを継続していれば残りの端末代金15,390円で済んだところが59,400円も支払うことになります
約44,000円の増額です。

しかしながら、基本料金を見てみると、auの場合はデータ定額3とスーパーカケホ(5分かけ放題)を組み合わせると6,696円/月ととても高額になるところ、mineoの場合は1,510円/月
毎月5,186円の減額ができるため、1年半通してみると93,348円安くなることがわかりました。

結果、端末の支払いが増えたとしてもmineoへ乗り換えれば、約50,000円減額することができます

auとmineo価格比較

auを継続する場合は実質iPhoneをかなりお得に購入でき、mineoへ乗り換えた場合は基本料金を安くすることができるのがわかったと思います。
どちらを選ぶかはひとりひとりの感覚次第ですが、ここまで安くなるなら総額でお得になる方を選ぶことをおすすめします

この計算を、私も乗り換え前にやっていたら、もっと早く乗り換えたのになぁ・・・と、損した気分になっています^^;

MNPする場合の諸費用を足した場合の比較

さきほどは、単純に乗り換え前の金額と乗り換え後の金額を比較しましたが、実際に格安SIMへ乗り換えるとなると諸費用がいろいろとかかります。

Aさんが乗り換える場合にかかる諸費用は以下の通りです。

MNP転出事務手数料 3,000円
MNP転入事務手数料 3,000円
解約手数料 9,500円
合計 15,500円

※SIMロックを解除したい場合は別途3,000円かかります。

この初期費用を先ほどのmineoへ乗り換えた場合の合計金額に加算したとしても、1年半で102,080円
auをそのまま継続していた場合と比べると、それでも33,838円安いです。

シミュレーションを踏まえての結論

このシミュレーションを踏まえての私の結論はこちら

端末代金が残っていても、更新月じゃなくても、1日でも早く乗り換えるべき!

端末代金の支払いが残っていたとしても、解約手数料が発生したとしても、格安SIMへ乗り換えればとにかく基本料金が安くなるので、総額を見るとかなり減額できます。

Aさん
端末が安く買えるし・・・

Bさん
解約手数料払うのもったいない!

と、思っている人も、auの残りの契約年数で計算してみてください。
総額で損することに気づくと思いますよ!

au系格安SIMならば、SIMロック解除の180日前であっても乗り換えができるので、1日でも早く乗り換えてしまいましょう!(一部SIMロック解除が必要な端末もあります)

 

1年半で50,000円安くなった格安SIMはこちら
mineoへ今すぐ申し込む

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-auからの乗り換え方法

Copyright© au→MVNO auスマホがそのまま使える格安SIM比較 , 2018 AllRights Reserved.