よくある質問

格安SIM乗り換え後もLINEのID検索を使う方法と使えなくなった場合の対象方法

更新日:

LINEのトップ画面

格安SIMに乗り換えると、使えなくなるものがいくつかあります。

その一つで有名なのがLINEのID検索
mineoやUQ mobileをはじめとする格安SIMへ乗り換えると基本的にはLINEのID検索が使えなくなります

それじゃ友達とLINEの交換できないじゃん!」って方もご安心ください。
この記事では、乗り換え前に知っておきたい乗り換え後でもLINEのID検索を使う方法や、ID検索ができなくなった場合の対処方法、LINEのID検索に対応した格安SIMなどをご紹介します。

格安SIMに乗り換えるとLINEのID検索はできないのか?

格安SIMに乗り換えるとLINEのID検索が使えなくなるのか?と、心配になっている方が多いようですが、実際に使えなくなってしまうのでしょうか?

答えはです。

乗り換え方法によっては、LINEのID検索が使える場合があります

LINEのID検索とは?

LINEのID検索画面

そもそもLINEのID検索とは、
LINEに任意で登録したIDを使用することで、電話番号を知らない相手でもLINEの友だち登録ができる機能です。

電話番号を教えたくないな・・・って相手とも気軽にLINE友だちになることができるため、利用している方の多い機能ではないでしょうか。

格安SIMでLINEのID検索が使えなくなる理由

ではなぜ、格安SIMに乗り換えるとLINEのID検索が使えなくなるのか。

それは、年齢確認が原因です。

LINEのID検索はそもそも防犯上の理由から18歳未満は利用ができないサービスです。
そのため、IDを登録する際に年齢認証が必須となっており、この年齢認証を行う際にキャリアの契約情報を照会します。

この登録情報を照会するキャリアにMVNOが対応していないため、大手キャリアから抜けた後はLINEのID検索が行えなくなってしまいます。

格安SIMへ乗り換え後もLINEのID検索を使う方法

LINEのID検索をそのまま使う方法

気になる格安SIMへ乗り換え後もLINEのID検索を使う方法ですが、下記の条件に当てはまっていると、格安SIMへ乗り換えた後もLINEのID検索を使うことができます。

LINE ID検索を使える場合

  • 大手キャリアで契約した端末のままMNPしている
  • 大手キャリア契約時点でLINEの年齢認証を行っている
  • LINEをアンインストールせず、大手キャリア使用時のまま使っている

この3点に当てはまる場合、大手キャリアで契約した端末を使用している間はLINEのID検索は使うことができます。

しかし、新しく機種変更した場合や、LINEをアンインストールしてしまった場合などは、年齢認証をやり直さなくてはならないため、その時点でID検索は使えなくなります

そのためこの方法は一時的なもので、格安SIMを使い続ける場合、現状いつかはID検索が使えなくなると考えておいた方が良いです。

LINEのID検索ができなくなった場合の対処方法

では、実際にLINEのID検索ができなくなった場合、どうすればいいのか?
ここではID検索に変わる代替案を考えてみたいと思います。

対処方法1:交換する相手がそばにいるとき

QRコード、ふるふるのアイコン画像

LINEを交換しよう!となった多くの場合は、相手が目の前にいることが多いと思います。

その場合は簡単で、LINE IDでの交換ではなく、ふるふるQRコードの読み取りで交換することで、問題はクリアできます。

ふるふる、QRコードは、LINE右下の●●●マークをタップし、友達追加の中から選択ができます。

対処方法2:交換する相手が離れているとき

SNSなどでやり取りをしていて、LINEを交換しよう!となることもあるかも知れません。

その場合、相手が離れていることが多いと思います。

この場合は、対処方法1でご紹介した方法は使えないため、招待機能を使ってURLを発行する必要があります。

招待機能の使い方

  1. 招待アイコンを選ぶ
    友達追加ページより、招待アイコンをタップします。

    招待アイコン

  2. メッセージを送信する種類を選択する
    SMSまたはE-mailを選ぶ画面が表示されるので、E-mailを選択します。
    ※どちらでも良いのですが、E-mailの方が見やすいです。

  3. 招待する友人を選ぶ
    電話帳の一覧が表示されるので、誰か1人選択してください。
    実際に招待するわけではないので、適当に選んでOKです。
  4. メール送信画面が表示されます
    この時にあなたと友だちになるためのQRコードURLが発行されます。
  5. URLをコピーして友人に送る

    LINEから送信されてくるメールのイメージ
    このURLを受け取った側はスマホでクリックすると、LINEの友だち登録ができます。

最初は少し手間かも知れませんが、一度URLを作ってしまえば、他の人と交換する際もそのURLを伝えればいいので、コピーしておけば交換も簡単です!

LINEのID検索が使えなくなった場合はこの方法もぜひ試してみてください!

LINEのID検索に対応している格安SIM

とはいえ、やっぱりLINEのID検索ができないのは不便だなぁ。
と、言う方はあらかじめLINEのID検索に対応している格安SIMに乗り換えることをおすすめします。

LINEのID検索に対応しているのは、本家LINEが運営している格安SIM LINEモバイルのみです。

LINEモバイルならID検索はもちろん可能

LINEモバイルのトップページ

本家LINEが運営しているLINEモバイルへ乗り換えれば、契約時に年齢確認を行っているため、18歳以上の方ならID検索を使うことができます

手続きはとっても簡単で、LINEモバイルへ乗り換え後、マイページに表示されている利用コードをコピーして、LINEと同期するだけでOK!

docomo系格安SIMのため、au端末のまま乗り換える場合はSIMロックの解除が必要となりますが、SIMロック解除を行える端末をお持ちの方は選択肢のひとつに加えてみても良いかも知れません。

まだ2016年にスタートしたばかりのあたらしい格安SIMではありますが、主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、instagram)の利用については通信制限下であっても高速で利用できる(カウントフリー)など、お得なプランも用意されています。

 

 

乗り換え前の年齢認証は忘れずに

LINEのID検索が使える場合・使えない場合や、LINEモバイルについて紹介してきましたが、今使っている端末のまま格安SIMへ乗り換える場合は、その端末を使っている限りはLINEのID検索は変わらずに使い続けられますので、大手キャリアと契約している間に必ずLINEの年齢認証を行っておくことをおすすめします。

少しでも大手キャリア利用時と変わらない使い方ができるように、事前の準備は忘れずに!

 

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-よくある質問

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.