格安SIMの基礎知識

格安SIMやMVNOって何?格安スマホとの違いは?

更新日:

最近テレビCMなどでも良く見かける格安スマホや格安SIM。
具体的にどのようなものかご存知でしょうか?

この記事では、今さら人に聞けない格安スマホや格安SIM、MVNOなどについてまとめてみたいと思います。

格安SIM(格安SIMカード)とは?

格安SIMとは?

格安SIMとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が発行している低価格のSIMカードのことです。

そもそもSIMカードとは?

SIMカードとは、電話番号などを特定するための情報が記録されたICカードのことです。
全てのスマホや携帯電話はSIMカードが挿入されていないと、電話などの通信を行うことができません。

逆に、SIMカードさえあれば、ご自身のスマホでなくとも、カードを挿入するだけでいつも通りスマホや携帯電話を使用することができます。

SIMカードの形は3タイプあって、それぞれお使いの機種によって対応タイプが異なります。

SIM サイズ 端末の例
標準SIM 25×12 mm アンドロイド端末
micro SIM 15×12 mm iPhone4s、アンドロイド端末
nano SIM 12.3×8.8 mm iPhone 5以降のシリーズ

※対応端末は一例です。詳細はお手持ちの端末をご確認ください。

SIMカードの確認方法

格安SIMでは、自分でSIMカードを選ぶ必要があるため、自分の使っている端末のSIMカードがわからない場合は確認してみましょう。
SIMカードは以下の方法で確認できます。

SIMカードの確認方法

  • 裏蓋がある場合
    本体の裏蓋を外すとSIMカードを挿入するスロットがあります。
  • 側面にスロットがある場合
    付属のピンや、形状の細いもので、穴を押すとスロットが開きます。

iPhoneのピン

スロットを開ける際はこのようなピンで穴を押す必要があります。
このピンは端末購入時に付属していますが、失くしてしまった場合は、ゼムクリップや女性の場合ピアスなどでも代用が可能です。

スロットピンの代用

 

格安SIMは大手キャリアに比べ安価で利用できるSIMカード

スマホを利用する上でSIMカードは必須アイテムと言うことはおわかりいただけたと思います。
このSIMカードを大手キャリア(au、docomo、softbank)に比べ安価で提供しているのが格安SIMです。

SIMカードのみでの販売も行っているため、今使っているスマホにセットするだけで、使うことが可能です。

格安SIMへの乗り換えは端末や契約先のキャリアによって、SIMロックを解除する必要があります。SIMロック解除についてはこちらをご覧ください。
au版SIMロック解除手順をまとめました

MVNOとは?

ちょっと格安SIMについて調べてみるとMVNOって言葉を目にする方も多いのでは?
この突然出てきた感のある4文字。MVNOとは一体なんなのでしょうか!?

MVNOとは仮想移動体通信事業者のこと

MVNOはMobile Virtual Network Operator(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の略称で、仮想移動体通信事業者のことです。

自社で設備や回線を持って通信サービスを行っている事業者をMNO(Mobile Network Operator/移動体通信事業者)と呼ぶのですが、このMNOから回線や設備の一部をレンタルしているのがMVNOです

MNOは現状大手キャリア(au、docomo、softbank)のことを指すので、大手キャリア3社から回線や設備の一部を借りている事業者と言うわけです。

MNOとMVNOの図解

MVNOは現状docomo系とau系に分かれる

MVNO事業者は、大手キャリアからそれぞれの回線を借りていますが、SoftBankの回線を使っている事業者はほとんどなく、現状docomoの回線を使っているdocomo系とauの回線を使っているau系のどちらかに分類されます

MVNO事業者がどのキャリアの回線を使用しているか?によって、SIMロック解除の有無などが変わってくるため、MVNOを探すときのひとつの目安にしても良いかも知れません。

auユーザーには悲しいお知らせですが、現状MVNO事業者はdocomoの回線を利用していることが多いです。

auから他キャリアの回線を利用しているMVNOへの乗り換えももちろん可能ですが、お使いの機種が対応していない場合や、SIMロック解除を行う必要がありますので事前確認が必要です。

 

MNO au docomo SoftBank
MVNO

UQ mobile
mineo
Fiimo

OCNモバイル
楽天モバイル
LINEモバイル
DMMモバイル
FREETEL
IIJmio
など 

Y!Mobile

※mineo、IIJmio、Fiimoはauプラン、docomoプランが選べます。

格安SIMと格安スマホの違いは?

テレビCMなどでもよく格安SIMだったり、格安スマホって言葉が使われていますが、この違いってわかりますか?

答えは簡単!

格安SIMとは、 MVNOが提供している格安のSIMカードのこと
格安スマホとは、格安SIMが使えるSIMフリーのスマートフォンのこと。または格安SIMとセットで販売されているスマートフォンのことを指します。

MVNOは格安SIMカードの販売だけでなく、大手キャリアよりも安い価格でスマートフォンの販売も行っており、一般的にはこのスマートフォンのことを格安スマホと呼んでいます。

人気のiPhoneもあります!格安スマホの端末はたくさん!

iPhone7の画像

格安スマホと聞くと、粗悪品なんじゃ・・・と思う方も多いのでは。
私も最初はそんなことを考えていましたが大間違い!

例えば、ガチャピンムックのCMでおなじみのUQ mobileでは、iPhoneも取り揃えています。
その他シャープのAQUOSフォンや、FUJITSUのARROWSなど、安心の日本メーカーの製品も取り揃え!

価格も1万円台~4万円台までと幅広く、大手キャリア以上に自分にあったスマホをお求めやすい価格で見つけられるかも知れません!

格安SIMはauよりも安く使えるSIMカード

格安SIMを利用することで、auよりもスマホ代をぐっと安くできることがわかったのではないでしょうか?

また、他のサイトや雑誌を読んでいると、難しい用語がたくさん出てきますが基本の用語がわかるだけで、格安SIMを選びやすくなったのではないかと思います^^

他の記事では、auからの乗り換えでおすすめの格安SIMをまとめていますので、ぜひそちらもご覧くださいね!

 

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-格安SIMの基礎知識

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.