格安SIMの基礎知識

au系格安SIMとdocomo系格安SIMの大きな6つの違い

更新日:

au系格安SIMとdocomo系格安SIMの大きな3つの違い

格安SIMについて調べていると、au系格安SIM、docomo系格安SIMに分けられることがわかると思います。

この2つの違い。どのようなものがあるのでしょうか?
細かな違いはたくさんありますが、この記事では格安SIM選びに知っておきたい、au系格安SIMとdocomo系格安SIMの大きな違いを考えてみました。

au系格安SIMとdocomo系格安SIMとは?

MVNO

au系格安SIMとdocomo系格安SIMとは、利用している回線に由来しています。
au系格安SIMはauから回線を借りて運営している格安SIM(MVNO)で、docomo系格安SIMはdocomoから回線を借りて運営している格安SIM(MVNO)です

格安SIM業界は大手キャリアのau、docomoから回線を借り受けた格安SIM(MVNO)はもちろん、そのMVNOからさらに回線を借りて運営しているMVNOもあって、現在国内には100社以上のキャリアが存在しているそうです。

その中でも、auの回線を利用しているau系格安SIMはわずか4社
それ以外はほぼ全てdocomo系格安SIMに分類されます。

主要格安SIM会社の利用している回線は?

テレビCMなどで目にしたことのあるであろう主要15社の利用している回線をまとめてみました。
太字のキャリアはau・docomoどちらの回線も利用できるマルチキャリアです。
これを見ると、ほとんどがdocomo系格安SIMで、au系格安SIMもほとんどがマルチキャリアだと言うことがわかると思います。

au系 docomo系
mineo
UQ mobile
Fiimo
IIJmio

Y!mobile
楽天モバイル
IIJmio
OCNモバイル
TONEモバイル
LINEモバイル
DMMモバイル
BIGLOBE SIM
Nifmo
イオンモバイル
FREETEL

au系格安SIMとdocomo系格安SIMの6つの違い

ここからはau系格安SIMとdocomo系格安SIMの違いをご紹介します。
どちらにもメリット・デメリットがあるので、キャリア選びの参考にしてみてください。

1:通信エリアが違う

日本地図

それぞれ使っている回線が違うため、通信エリアも異なります。
au系格安SIMはauと同じ通信エリア、docomo系格安SIMはdocomoと同じ通信エリアだと思ってください。

auからの乗り換えポイント

auからdocomo系格安SIMへ乗り換えると、通信エリアが変わるので、生活圏内で電波が入りにくい場所や、圏外の場所が発生する可能性があります。
docomoもエリアをしっかりカバーしているので、圏外になることはほぼないとは思いますが、不安な場合はau系格安SIMに乗り換えれば不安は解消されます。

 

2:選べる会社が多い

SIMカード

docomo系格安SIMとau系格安SIMの一番の違いは、選べる格安SIMの数です。
au系格安SIMに比べdocomo系格安SIMは圧倒的に多いので、その分選べる幅も広がります。

また、会社が多い分、サービスも豊富です。
LINEと主要SNSのパケット消費をカウントされずに使えるLINEモバイル
楽天スーパーポイントが貯められる楽天モバイル
子どもや家族の利用に特化したTONEモバイルなど

キャリアが多い分docomo系格安SIMはさまざまな差別化を図っていて、au系格安SIMに比べ、自分の使用用途にあったキャリア選びができます。

ただ、あまりにも数が多いので、適切な通信会社を選ぶのにはきちんとした知識やリサーチが必要です。

3:テザリング

テザリング図

基本的にau系、docomo系どちらもテザリングができるのですが、au系格安SIMではUQmobile以外は、iPhoneでテザリングができません

これはau側の問題のようで、MVNOではどうすることもできない問題のようですが、docomo系格安SIMではiPhoneでもテザリングができます。

au系格安SIMではテザリングしたい場合はUQmobileしか選べませんが、docomo系格安SIMならばどこでも選ぶことができるのは大きな魅力ではないでしょうか。

※mineo、Fiimo、IIJmioもDプラン(docomoプラン)を利用すればテザリングができます。

4:通信制限

au系格安SIMではauからの規定で、3日間で6GB以上通信を行った場合通信制限がかかります。
これは、契約データ容量を超過していなくても起こる通信制限ですが、docomo系格安SIMにはこのような通信制限はありません。

5:音声通話の品質

MNP乗り換え方法のアイキャッチ画像

これは、私も最近知ったのですが、auはdocomo・SoftBankに比べ音声通話の品質が低いそうです。そのため、au系格安SIMの方が音声通話の品質が低い場合があります。

ただ、管理人はdocomo→SoftBank→auと全キャリア利用したことがありますが、auで音声通話の品質が低いと感じたことは特にありませんでした。
あとから知って「そうだったの!?」って感じです^^;

また、auからau系格安SIMへ乗り換えるのであれば、音声通話の品質を気にすることはありません。

6:通信速度

通信速度で選ぶのアイキャッチ

ユーザー数の違いもあるのかも知れませんが、au系格安SIMの方がdocomo系格安SIMよりも速い速度が出ていることが多いです。

たとえば、UQmobileは格安SIMの中でも最速のMVNOです。
auと遜色ない速度で利用ができますし、mineoも昼時は遅いですが、それでも格安SIMの中では常に上位に入る実効速度を誇っています。

通信速度については、計測時の時間や場所で異なるため、一概に「絶対速い!」とは言い切れませんが、au系格安SIMの通信速度の速さを評価している人が多いのは事実です。

au系とdocomo系。結局どっちを選べばいいの?

auとdocomo系格安SIMの違いや特徴を紹介してみましたが、結局どっちを選べばいいのかわからない!と思った時は、auからの乗り換えはau系格安SIMの中から選ぶのがおすすめです

理由は3つあります。

SIMロック解除が不要

一番のメリットはこれです。au系格安SIMはSIMロックを解除しなくてもほとんどの機種が使えるので、SIMロックの解除対象外の機種を使っている人も乗り換えができます。

たとえばauのiPhone6を使っている場合、docomo系格安SIMへ乗り換えできませんが、au系格安SIMなら使えます。

通信エリアが同じ

今までと変わらない通信環境で利用ができるのは魅力です。
万が一のことを考えるとauと変わらない通信エリアのSIMを使った方が、気持ち的にも安心なのではないでしょうか。

選びやすい

先ほども表にした通り、格安SIMのほとんどはdocomo系格安SIMです。
100社以上ある格安SIMの中でau系格安SIMはたった4社。
残りの90社以上の中から乗り換え先を選ぶより、au系格安SIMの中から選んだ方がずっと選びやすいと思いませんか?

私も、今docomo系格安SIMに乗り換えろと言われても、数が多すぎてどこを選んだらいいのかわかりません^^;
au系格安SIMなら、安さを取るか通信速度を取るかを考えるだけ
安さならmineo、通信速度ならUQmobileを選んでおけばほとんど後悔することはないと思います。

この記事を読んでいる人におすすめの格安SIM

au系格安SIMとdocomo系格安SIMで悩んでいるこの記事を読んでいる人に、おすすめの格安SIMはmineoです。

mineoサイトイメージ画像

理由はマルチキャリアだからです。

マルチキャリアの利点は、au回線・docomo回線どちらも利用でき、途中でプランを変更することもできることです。
au系プランを利用してみて「合わないな」と思ったら、docomo系プランに乗り換えれば良いわけです。

mineoはauスマホならSIMロック解除不要で乗り換えができるので、180日のSIMロック解除日を待っている人も、すぐに乗り換えてしまった方がトータルで見るとかなり節約できますよ!

auの更新月前・端末支払いが残っている人はこちらの記事をご覧ください。 かなり安くなる結果がでています。
auから格安SIMの乗り換えは更新月を待つべきかシミュレーションしてみた

尚、docomo系格安SIM(またはマルチキャリアのdocomoプラン)をauスマホで使う場合は必ずSIMロックの解除が必要です。
SIMロックの解除ができない端末を使いたい場合はauプランのある格安SIMしか使えないので、mineoのAプランを選んでくださいね^^

 

【mineoの評判&クチコミ】料金や通信速度などを徹底調査!

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-格安SIMの基礎知識

Copyright© au→MVNO auスマホがそのまま使える格安SIM比較 , 2018 AllRights Reserved.