UQ mobile

UQモバイルDIGNO Aをレビュー!実際に使ってみた感想&スペックまとめ

更新日:

kyoceradignoatop

UQモバイルからKYOCERAのDIGNO Aがついに発売!

昨年大ヒットとなったDIGNO Wに続く機種として、期待が高まります・・・!
今回は気になるDIGNO Aのスペックや発売日、気になる価格などをまとめてみたいと思います^^

DIGNO AがUQモバイルから発売!

DIGNO A端末画像DIGNOシリーズはKYOCERAから発売されている格安スマホです。

昨年発売されたDIGNO Wシリーズは、”洗えるスマホ”として女性を中心に人気を博しました。
人気のDIGNOシリーズの新機種だけあって、今回も期待が高まります・・・!

発売日は?

DIGNO Aは3月1日発売です。

春の新生活の買い替えにぴったりの新機種です^^

DIGNO Aのスペック

DIGNO Aのスペックは以下の通り。
さすが日本メーカー製スマホ!防塵・防水機能搭載でかゆいところに手が届くスペックを兼ね備えています。

寸法 約幅72×全長145×奥行87mm
質量 約136g
カラー ライトブルー、ネイビー
ディスプレイ
(サイズ・解像度)
約5.0インチ/1920×1080
カメラ メイン:約1300万画素
サブ(インカメラ):約500万画素
電池容量 2,600mAh
OS Android™ 8.0
クロック数/コア数 1.4GHz/4コア+1.1GHz/4コア
本体メモリ容量 ROM:32GB
RAM:3GB
対応外部メモリ microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード/microSDメモリーカードは、最大256GB
機能 耐衝撃・防水・防塵機能・緊急地震速報・災害避難情報
国際ローミング ○(データ通信は不可)
Bluetooth Ver4.2
テザリング

ライトブルーとネイビーのさわやかな2カラー

DIGNO Aライトブルー画像

DIGNO Aはライトブルーネイビーの珍しい2カラー展開。

特にライトブルーは側面がブラウンになっていて、チョコミントのようなかわいらしいさわやかなカラーリングで仕上げられています。
人と被りたくない!って方におすすめのカラーです^^

対してネイビはーシンプルでシックなカラーリングで、大人の方や男性の方にもぴったりです。

濡れた手でも手袋をしていても使える便利なタッチパネル

DIGNO A濡れたままでも操作可能

DIGNO Aのタッチパネルは、グローブをしたままでも濡れた手でも操作が可能

冬の寒い日も手袋をつけたままでも、水仕事の合間の濡れた手でもストレスなくスマホの操作ができます。

家事の合間のお母さんには、心強い機能だと言えるのではないでしょうか?
もちろん雨の日だって操作可能!
これからの季節は海辺のレジャーなどでも安心して使うことができますね^^

耐衝撃機能搭載でガラス割れに強い!

DIGNO Aは防水・防塵機能だけでなく、耐衝撃機能を搭載。
うっかり落としてしまっても安心です。

特にディスプレイ部分は割れにくく傷つきにくい強化ガラス”ハイブリッドシールド®”を採用
液晶ディスプレイに強化ガラスとアクリルスクリーンを重ね合わせたもので、ガラス割れを防止する構造で作られています。

うっかり落として、画面が割れてしまった・・・なんてことも、他の機種よりも起こりにくく作られていて、丈夫なスマホだと言えます^^

とはいえ、使い方によってはもちろん割れてしまうこともありますので、取り扱いにはご注意を・・・!

軽く洗うことも可能な防水・防塵機能

防水イメージ

DIGNO Aは、人気の防水・防塵機能を搭載。

水回りやレジャーなどで安心して使えるのはもちろん、汚れてしまっても軽く洗い流すこともできます
前機種のDIGNO Wのように泡で洗うことは難しいそうですが、さっと水洗いできるだけでも十分清潔に使えるので、小さなお子さんがいるママさんや、アウトドア好きな方は特におすすめです!

気になるカメラの性能は?

カメラ

DIGNO Aのカメラスペックはアウトカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素

1,300万画素の高画質カメラが搭載されている上、ピントの合わせの速い"像面位相差オートフォーカス"が採用されているので、動き回るお子さんや動物の撮影などにも適しています。

電池持ち◎人気のエコモードももちろん搭載!

バッテリー

DIGNO Aのは容量2,600mAhのバッテリーを搭載。
普段使いにはストレスを感じさせない容量を備えていて、ライトユーザーの方なら1泊程度の旅行は充電器が不要で出かけられそうです。

さらに、電池の消費を抑えるエコモードを備えているため、併用することで電池を効率よく・長持ちさせることができますよ。

ケーブルはUSB Type-C

USB type Cイメージ

ちなみにケーブルはUSB Type-Cを採用。
端子に上下の区別がないため、どちらの向きでも差し込みができ、日常使いに便利なタイプです。

さすが日本メーカー!ストラップもつけられる!

日本メーカーならでは!と思ったのがストラップホールがあること。

ガラケー時代を経験している方には「懐かしい!」と感じる方も多いのでは?
ストラップは落下防止にも役立つので、いまだに手放せない!って方にはうれしい機能なのではないでしょうか?

DIGNO Aのレビュー。実際に使ってみました!

DIGNOA

さて、ここからは実際にDIGNO Aを使ってみた感想をご紹介してみたいと思います!
今回お借りしたDIGNO Aは、ネイビーカラー。男女ともに使えるシンプルで大人っぽいカラーです。

DIGNOAの裏面

ディスプレイは5.0インチで、iPhone6と並べると一回り大きいくらい。
これくらいの大きさであれば、女性でも問題なく使うことができますが、両手操作の方が良さそうです。
持った印象は、大きさに比べてとても軽いです。

DIGNO AとiPhoneの比較

箱はシンプルです。

DIGNO Aの外箱

右側には音量調整ボタンと電源ボタンがあります。
電源ボタンが下にあるので、手の小さな方でも押しやすいと感じました。

DIGNO Aの電源ボタン

左側にはSIMスロットがあります。
このスロット今まで触ったスマホの中で一番開けやすかったです・・・!
SDカードの出し入れにはストレスがなさそうです^^

DIGNO AのSIMスロット

開けてみた感じがこちら。
SDカードとSIMカードをセットすることができます。
写真や動画などをたくさん保存したい方やゲームのヘビーユーザーなどは、SDカードを併用して使用することをおすすめします!

DIGNO AのSIMスロット

気になるカメラの性能と機能は?

DIGNO Aのカメラレンズ

DIGNO Aのカメラはメイン約1300万画素サブ約500万画素を搭載。
最近のスマホの中では一般的なスペックで、簡単にきれいな写真を撮ることができました!

撮影しやすい細かな機能が充実

使ってみて、意外とポイントが高いと思ったのがカメラ周りの性能の細かさです。
撮影しやすくなる機能が充実しているので、日常的に撮影を行う方には便利な機能ではないでしょうか?

スワイプでアウト・インカメラの切り替えが可能

DIGNO Aカメラ切り替え

カメラのアウト・インカメラはボタンだけでなくスワイプでも切り替えが可能
スワイプなら片手でできるので、とっさの撮影時などに重宝しそうな機能です。

ボタン配置をカスタマイズできる

DIGNO Aカメラレイアウト切り替え機能

意外と便利!と思った機能がこちら。
撮影ボタンやズームボタンをカスタマイズできるレイアウト切替機能です。

自分の好きな場所にボタンを配置できるので、手が小さな方や左利きの方など「デフォルトの配置だと使いづらい」方にはぴったりです。

ボタンを動かすだけで簡単に配置できるので、細かな設定が苦手な方にもやさしい仕様になっています。
感覚的に配置できるのはうれしいですね。

DIGNO Aカメラレイアウト編集機能

たとえばこんなめちゃくちゃな配置することなんかもできちゃいます。(こんな配置にしたらさすがに使いづらいですねw)

DIGNO Aカメラレイアウト編集機能例

これは便利!と思ったその他機能

実際に使ってみてわかった、これは便利!と感じた機能も管理人目線でご紹介します^^

エコモード

最近のスマホでは、もはや定番となった電池持ちをよくするエコモードですが、DIGNO Aにももちろん搭載されています。

DIGNO Aのエコモード
利用可能時間をはじめ、ビデオ撮影ならあと何分、電話ならあと何分と、目安の時間が表示されているのでとてもわかりやすいです。

エコモードをONにすると、画面の明るさが暗くなり、電池の消費を抑えることができます。
画面の明るさが暗くなっても使用にはなんの問題もないので、日常的にONにしておくのも良さそうです。

ブルーライト軽減機能

DIGNO Aブルーライト軽減機能

iPhoneでいうところのNight Shiftモードのような機能が、DIGNO Aにも搭載されています。

ONにすると画面が暗くなり、目の疲れを軽減することができるようです。
実際に設定してみましたが、Night Shiftのように暖色にはならずに画面が暗くなります。
強度調節もできるので、自分の好みで調節できるのも便利だなと感じました。

DIGNO Aを実際に使ってみて。こんな人におすすめ!

DIGNO Aは、一般的なスペックを搭載したスマートフォンです。

カメラの画素数が優れているとか、特徴的な大きな機能などはありませんが、自分にあった細かなカスタマイズができるので、とにかく使いやすいです。

シンプルで男女ともに使える飽きのこないデザインで、ライトユーザーの方にもおすすめできるスマホだと感じました。

はじめてスマホを持つ方や、学生などのお子さんに持たせるのにもおすすめです!

気になる価格は?UQモバイルなら実質0円でゲットできる!

UQモバイルのキャッシュバックキャンペーン

DIGNO Aの本体価格は28,900円(税抜)

ですが、UQモバイルならマンスリー割との併用で実質初回支払いの100円のみでゲットすることができます!
さらに公式サイトから申し込めば、キャッシュバックキャンペーンと併用でき13,000円のキャッシュバックも受けられるため、実質0円どころか12,000円以上お得になる計算に・・・!

キャッシュバックキャンペーンは、終了期間未定&指定のURLからのお申し込みのみが対象となるので、利用する場合は以下のお申し込みページからお進みください。
※通常の公式サイトからの申し込みは対象外となってしまうので、ご注意ください!

 

 

人気のDIGNOシリーズの新機種は今回も売り切れ必死!

DIGNOシリーズの新機種”DIGNO A”は、かわいらしいカラーでデザイン性はもちろんのこと、日本メーカーならではの高スペックを兼ね備えたスマホ。

実質0円でゲットできるお手頃価格で、お子さんに持たせるのにもぴったり!

前回のDIGNO Wは、人気の中販売が終了してしまったので、今回も同様に完売してしまう可能性も・・・?

今ならキャッシュバックも併用できるので、気になった方は在庫のあるうちに乗り換えることをおすすめしますよ^^

 

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-UQ mobile

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.