よくある質問 格安スマホ

はじめての格安スマホ。海外メーカー製と日本メーカー製どっちがおすすめ?

更新日:

格安スマホおすすめ見出し

そろそろ機種を買い換えたいと思っている人の中には、格安SIMへの乗り換えと同時にスマホも購入したいと思っている人もいると思います。

格安スマホには、大手キャリアでは見かけなかった海外メーカーの端末も多く取り揃えています。
今回は、はじめての格安スマホ選びの前に知っておきたいメーカーや各社の人気端末をまとめてみました。

格安スマホとは?

格安スマホとは、格安SIMを挿したSIMフリーのスマートフォンのことです。
今では、MVNO(格安SIM会社)のこと自体を格安スマホと呼ぶ場合もあるようです。

格安スマホは、Amazonなどの通販サイトや、家電量販店各格安SIM会社で購入することができます。
その中でもこの記事ではau系格安SIMで購入できる格安スマホについて紹介します。

格安スマホは大手キャリアに比べ安価

格安スマホは、その名の通り大手キャリアで購入するよりもお手頃価格なスマホを取り揃えています。

auで最新スマホが平均4万円台~7万円台で販売しているところ、格安スマホはほとんどが~3万円台で購入できます。

一括購入も可能な価格帯でラインナップされていて、安いながら性能も年々向上しているため、今注目されているスマホです。

格安スマホは海外メーカー製も多い

格安スマホの中でも特に安いのが海外メーカー製のスマホです。
特に中国の会社が販売しているスマホが多いのですが、平均2万円台で購入でき、機能も他社製の機種と遜色なく利用できるため、新機種が出るたびに話題になっています。

格安スマホの注意点

格安スマホを購入する上で気をつけたいのが、SIMフリースマホは全ての格安SIMで使えるわけではないってことです。

これ、私も知った時は「ずるい!」と思ったのですが、SIMフリーと言いながらも、au系の回線に対応した格安スマホと、docomo系の回線に対応したスマホがあるんですね。

そのため、docomo回線に対応した格安スマホをAmazonなどで購入して、mineoのAプランの格安SIMを挿しても使うことはできません・・・。

購入時には自身の利用する格安SIMが使えるかも含めてチェックする必要があります。

格安スマホ購入時の注意

格安スマホを買った後に、格安SIMが対応していない!となる前に、心配な方は以下の3つの方法から格安スマホを購入することをおすすめします。
格安SIMとスマホをセットで購入する
乗り換え先のキャリアで販売しているスマホであれば、SIMカードが対応していない!なんてことはありません。
キャリアによってはセット割引きなども適用になってお得に購入できる場合もあります。
マルチキャリア対応スマホを購入する
格安スマホの中には、docomo系・au系どちらも対応しているマルチキャリア対応スマホも存在します。
そのような端末を選んでおけばどの格安SIMを選んでも利用できます。
iPhoneを購入する
iPhoneは対応する周波数帯が広いため、どのキャリアでも利用できます。
端末価格自体はとても高いですが、SIMフリー端末を購入すれば、docomo系・au系どちらの格安SIMでも安心して使うことができます。

au系格安SIMの主なメーカー

ここからは、au系格安SIMで購入できる格安スマホのメーカーを紹介していきたいと思います。

日本メーカー

日本メーカー製格安スマホの魅力は、日本のスマホユースに特化していること。
おサイフケータイやワンセグ、防塵・防水機能はほとんどの機種に搭載されていますし、日本人が使うことにこだわって作られて細かなこだわりが詰まっています。
安心してスマホを利用したいなら、日本メーカー製のスマホから選ぶことをおすすめします。

Fujitsu(富士通)

arrowsM03の商品画像auでもおなじみのFujitsuからはテレビCMも有名なarrowsシリーズが格安スマホとして購入できます。
中でも人気のarrows M03は、防水防塵、おサイフケータイに対応していて、3日間電池持ちする大容量バッテリーを搭載しています。

また、docomo系、au系どちらのSIMにも対応したマルチキャリア端末なのも高ポイント。
au系格安SIMからdocomo系に乗り換えても使うことができます。

arrowsシリーズの格安スマホは、au系格安SIM前4社(mineoUQ mobileFiimoIIJmio)で取り扱いがあります。

画像の商品はarrows M03です。

SHARP

SHARP AQUOS SH-M04-Aの商品画像テレビでもおなじみのSHARPからは、AQUOSフォンが購入できます。

高精細で消費電力の少ないIGZOディスプレイ搭載で、電池も長持ち
SHARPの格安スマホは、スタイリッシュで飽きのこないデザインのものが多いように感じます。
SHARPの格安スマホは、UQ mobileIIJmioで取り扱いがあります。
(※以前はmineoでも取り扱いがありましたが、現在販売は終了しています。)

画像の商品はAQUOS SH-M04-Aです。

KYOCERA

DIGNOの商品画像京セラからは、DIGNOシリーズを購入することができます。

京セラのスマホってちょっとユニークな機能やデザインをしているような気がします。
防水・防塵はもちろん、泡のせっけんで洗えるスマホや、傷を自動で修復してくれるスマホなど、おもしろいけど、あるとうれしい機能がたくさんありますよ。

京セラの格安スマホはUQ mobileIIJmioで購入できます。
(※以前はmineoでも取り扱いがありましたが、現在販売は終了しています。)

画像の商品はDIGNO® Wです。

DIGNO Wのレビューはこちら

 

海外メーカー

海外メーカーの格安スマホははじめてのスマホにぴったりなシンプルで低価格なスマホから、デュアルSIM対応などの高性能な端末までさまざま。
全体的に言えることは、日本メーカー製のスマホに比べ安価です。
しかし、現在auでおサイフケータイやワンセグなどのサービスを利用している場合、海外メーカー製のスマホに乗り換えると利用できなくなるので要注意です。

HUAWEI

HUAWEI P6の商品画像

HUAWEIと書いてファーウェイと読みます。
中国の通信機器メーカーです。

低価格なのに性能が良く、コストパフォーマンスに優れたスマホを作っていて、docomo回線対応ではありますが、2016年に発売したP6 liteは超人気商品となりました。
このシリーズは、au系格安SIMではUQ mobileで独占機種P9 lite premiumが購入できます。

画像の商品はP9 lite PREMIUMです。

 

ASUS

zenphoneの商品画像ASUSと書いてエイスースと読みます。
こちらも中国の通信機器メーカーです。
パソコンなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

ASUSの格安スマホはZenphone(ゼンフォン)シリーズを扱っていて、HUAWEIのP6シリーズとともに人気の格安スマホです。

Zenphoneシリーズのスマホは、現在mineoUQ mobileIIJmioで購入できます。

画像の商品はZenFone™ 3 Laserです。

 

Alcatel 

alacatel_idolの商品画像Alcatelと書いてアルカテルと読みます。
Alcatelの現在の運営会社は中国のTCLコミュニケーションですが、もともとはフランス生まれのブランドです。

Alcatelでは、IDOLシリーズを中心に販売していて、IDOL4ではVRレンズが付属していて動画やゲームを立体的に楽しめるVR機能を搭載。
さらに付属のイヤフォンはJBL製など、かなりユニークでゲームや動画に特化した端末を販売しています。
Alcatelの格安スマホはUQ mobileIIJmioで購入できます。

画像の商品はAlcatel IDOL 4です。

その他のメーカー

今回は、複数キャリアが取り扱っているメーカーや、人気の端末を中心に紹介してみましたが、この他にも韓国のLG電子社製のスマホや、中国のZTE社製のスマホなどが販売されています。

 

日本メーカーと海外メーカーは用途によって選ぶ

日本メーカーと海外メーカーの主要メーカーを紹介してみましたが、お気に入りは見つかりましたか?

日本メーカー製の格安スマホと海外メーカー製の格安スマホはそれぞれに良さがあり、自分の使用用途や頻度によって選ぶのがおすすめです。

たとえば、おサイフケータイやワンセグを日常的に使用している人であれば、日本メーカー製のスマホでないと利用ができませんし、とにかく安く買いたい!って人は海外メーカー製のスマホから選んだ方が安く購入できる可能性は高いです。

今回紹介した機種は、それぞれのメーカーで人気の機種なので選んで間違いはないです。
自分の使い方に合わせて、ぴったりのスマホを見つけてくださいね!

※この記事で掲載している機種および取扱いキャリアは2017年3月時点のものです。
今後販売終了となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 

紹介した機種を実際に使ってみました。 DIGNO Wのレビューを見る

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-よくある質問, 格安スマホ

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.