UQ mobile

HUAWEI P10 liteを女性目線でレビュー!価格やスペック・カメラ機能など実際の使い心地を調査します!

更新日:

HUAWEI P10 lite トップバナー

今もっとも売れていると言われている格安スマホの超人気機種HUAWEI P10 lite

安くスマホをゲットしたい!と思った方は、一度は名前を聞いたことがある方も多いのでは?
どのサイトも大絶賛しているこの機種を、管理人(女)目線でレビューしてみたいと思います!

HUAWEI P10 liteのスペック

HUAWEI P10 lite商品画像

格安スマホ界の超人気ブランド”HUAWEI(ファーウェイ)”社の中でも特に人気のスマホP10 lite。
まずは基本のスペックをまとめてみました。

寸法 約146.5×72×7.2mm
質量 約146g
カラー サファイアブルー・サクラピンク・パールホワイト・ミッドナイトブラック
ディスプレイ
(サイズ・解像度)
約5.2インチ、1920×1080
カメラ メイン:約1200万画素
サブ(インカメラ):約800万画素
電池容量 3,000mAh
OS Android™ 7.0
クロック数/コア数 2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コア
本体メモリ容量 ROM:32GB
RAM:3GB
対応外部メモリ microSDXC 128GB
機能 緊急地震速報・津波速報・災害・避難情報:対応
※防水・防塵・ワンセグ・フルセグは非対応
国際ローミング ○(データ通信は不可)
Bluetooth 4.1 LE
テザリング

格安スマホとは思えないとにかくきれいなデザイン

HUAWEI P10 lite 正面

個人的に一番の特徴はデザインではないかと思います。

HUAWEI P10 liteは水からインスピレーションを得て作られていて、両面に7H高度の傷つきにくいガラスを採用しています。
そのため光沢感があり、格安スマホとは思えないきれいで高級感のあるデザインです

HUAWEI P10 lite 裏面

とくに背面はガラス層の下に0.1mmの光沢フィルムを重ねているため、波のような反射効果を再現しています。
確かに水面のようなきれいな波模様が出ていて、ケースを付けるのがもったいないくらいです!

画面サイズは5.2インチ。HDディスプレイを採用

HUAWEI nova2 とHUAWEI P10 lite サイズ比較

HUAWEI P10 liteの画面は5.2インチ。
インチでいうとイメージが湧きづらいかも知れませんが、iPhoneのplusシリーズの画面が5.5インチなので、少し小さいくらいです。

HUAWEIの最新機種HUAWEI nova2と比較するとやはりすこし大きく感じますね。

HUAWEI nova2のレビューはこちら

 

カメラはメインカメラ1,200万画素・インカメラ800万画素を搭載

HUAWEI P10 lite カメラ・指紋認証ボタン

HUAWEIのカメラはメイン1,200万画素・インカメラ800万画素を搭載。

これは、iPhone7以降の機種とほぼ同様のスペックで、インカメラに至ってはiPhoneを凌ぐ画素数を搭載しています。
日常使いするには問題ないです。

大容量のバッテリーと急速充電機能

バッテリー

HUAWEI P10 liteは3,000mAhのバッテリーを搭載。

3,000mAhは、最近の格安スマホでは多く見受けられる容量で、ライトユーザーであれば2日くらいは充電しなくても済みそうな容量です。
(もちろん使い方によりますが・・・)
2日充電不要となると、1泊の旅行や出張でも充電器不要で出かけられるのでうれしいですね!

ちなみにコネクタはmicroUSBです。

HUAWEI P10 lite コネクタ

充電10分で2時間の動画再生が可能な急速充電機能

この機種には、急速充電機能が搭載されています。

充電10分で2時間の動画再生が可能と言われていて、夜に充電を忘れてしまっても朝の身支度の間に充電しておけば、朝の通勤はもちろん1日充電不要で使えます。

これはかなり便利な機能だと言えるのではないでしょうか?

充電を長持ちさせる省電力機能が充実

HUAWEI P10 lite 省電力モード

HUAWEI P10 liteは電池持ちの良さだけでなく、省電力モードウルトラ省電力モードと呼ばれる2つの省エネモードを搭載しています。

省電力モード バックグラウンドアプリの動作を制限
メール自動同期・システム音が無効になる
視覚効果の低減
ウルトラ省電力 一部アプリを除いて利用できなくなる

特に気になるのがウルトラ省電力機能!

実際に設定してみたところ、電話・メッセージ・連絡先と任意で設定したアプリ3つしか利用ができなくなりました
その他のアプリは利用はおろか表示すらされなくなるという徹底ぶりです。
(ウルトラ省電力しているため、キャプチャも撮れませんでした)

実際、日常で使うアプリは6つ以内って方は結構多いと思うので、電池を長く持ちさせたい方は重宝する機能だと思います。

ストレージは32GB

HUAWEI P10 liteは32GBのストレージを搭載。

ライトユーザーであれば、32GBあればSDカードを使わずとも問題ない容量です。
もちろんmicro SDに対応しているので、アプリをたくさん使いたい!って方やゲームなどをする方はmicro SDを併用することで、より快適に利用することができます。

microSDは本体左側のスロットに挿入できます。

HUAWEI P10 liteのスロット

指紋認証センサーは0.3秒でロック解除が可能

HUAWEI P10 lite カメラ・指紋認証ボタン

HUAWEI P10 liteは背面に指紋認証センサーが付いています。

このセンサーの認証がとにかく早いと言われていて、なんと0.3秒で認証が可能
毎日何度も使う機能なので、このスピードはストレスがなく利用できると言えます。

防水・防塵は対応している?

防水イメージ

主婦の方や子育て中のママさんなど、気になる方も多い防水機能ですが、残念ながらHUAWEI P10 liteは対応していません。

とはいえ、雨に濡れたくらいで壊れることはありませんので、日常使いであれば問題ないレベル。
端子の部分が濡れてしまうと故障の原因となるので、気をつけてください!

HUAWEI P10 liteをレビュー!実際の使い心地は?

HUAWEI P10 lite 正面

ここからは実際に管理人(女)が使ってみたレビューをご紹介します!

高級感のあるパッケージにまず驚く

HUAWEI P10 liteのパッケージ

HUAWEI P10 liteはこのようなスライドタイプのパッケージに入っています。
パッケージも格安スマホとは思えない高級感です。

中には取り扱い説明書をはじめ、イヤフォン、充電アダプターとケーブル、ケースが入っています。

評判通りの水を思わせる美しいフォルム

HUAWEI P10 lite 裏面

他の格安スマホに比べても、かなり高級感のあるデザインです。
特に背面は光によって波模様のように見えてとてもきれい!

両面にガラスを使用しているため、手触りはかなり良いです。

HUAWEI P10 lite 角

液晶部分は角にきれいなRがかかっていて、ひっかりがなく手のなじみもとても良いです。
本当にカバーを付けるのがもったいないくらいきれいな機種だと思います。

気になるサイズは?

HUAWEI P10 liteのサイズ

さて、気になるサイズですが、少し大きめかな?とは感じるものの、問題なく使えるサイズです。
しかし片手操作は手が小さい方だと少し厳しいかも知れません。

ちなみに管理人は手が小さいため、アプリの起動やページのスクロールなどは問題ないものの、文字入力はちょっと苦戦するレベルでした。
日常使いするならば、女性の方は両手操作することになりそうです。

カメラのスペックは?実際に撮影してみました

メインカメラ1,200万画素と低価格ながらiPhoneと同程度のスペックを兼ね備えたHUAWEI P10 lite。

実際に撮影してみると、さまざまな機能が搭載されていて、シーンに合わせてさまざまな写真を簡単に撮ることができました!

明るくきれいな写真が手軽に撮れる

実際に撮影してみたところ、他の機種に比べて明るく彩度の高い写真が撮れました。

通常カメラのオリジナルフィルタで撮影した画像がこちら
HUAWEI P10 lite オリジナル時撮影画像無加工の画像ですが、かなり明るく・色鮮やかに撮れていると思います。

ちなみにHUAWEI P10 liteは、デフォルトで9つのフィルターを搭載していて、インスタグラムのような雰囲気のある写真なども簡単に撮れます。

HUAWEI P10 liteのカメラフィルター

 

ナイスフードモードで料理を美味しく撮れる

HUAWEI nova2のレビューでも書きましたが、HUAWEI P10 liteでも料理を美味しく撮れるナイスフードモードを搭載しています。

HUAWEI P10 liteで撮ってみた写真は以下の通り。
左が通常モード、右がナイスフードモードで撮った写真です。

このモードで撮影すると、自動でコントラストが上がり簡単に色鮮やかな写真が撮れます。

HUAWEI P10 lite ナイスフードモード画像※クリックすると拡大します

HUAWEI P10 liteのケースのおすすめと選ぶポイントとは

HUAWEI P10 liteは人気機種だけあって、さまざまなケースが販売されています。

とても格安スマホとは思えないきれいなデザインなので、正直ケースを付けるのはもったいないなと感じるのですが、やっぱり大切に使うのであればケースは付けておきたいもの。

ケースを選ぶポイントとしては背面の指紋認証ボタンに対応しているか?が大きなポイントと言えそうです。
実際調べてみると、背面指紋認証ボタン用の窓がないケースも多く見られたので、ケース選びには注意してください!

こちらは管理人が良いなと持ったケース。
両面ガラスのため、落下に強そうなケースは意外と活躍しそうですし
手帳型のケースでは、男性の方も使えそうなシンプルで大人っぽいデザインのものがありました!

購入時に純正ケースも付属している

HUAWEI P10 lite 純正ケース

ちなみに、HUAWEI P10 liteにはカバーも付属しています。
背面のデザインの良さを生かしたクリアタイプで、もちろん指紋認証ボタンに対応。

デザインの美しさをそのまま生かしたい方は、純正タイプを使うのもアリだと思います!

HUAWEI P10 liteの価格は?実質価格0円で買える!?キャンペーン情報

HUAWEI P10 liteは人気機種なだけあって、ほとんどのMVNOで取り扱いがあります。

各社価格にはかなりのばらつきがあるので、キャリアから乗り換えを検討されている方は、一番安く購入できるMVNOへ乗り換えるのがおすすめです!
ちなみに当サイトおすすめのau回線を利用しているMVNO4社の価格は以下の通りでした。(2018年2月現在)

MVNO 一括料金
UQモバイル 0円*
mineo 27,600円
Fiimo 19,800円
IIJmio 26,800 円

※各種割引とキャンペーンを適用した実質価格
※価格はすべて税抜です

最安で購入できるのはUQモバイル

UQmobileロゴ

上の表からもわかる通り、HUAWEI P10 liteを一番安く購入できるのはUQモバイルです。

一番安く。というか驚きの実質0円で購入できます・・・!

UQモバイルでは、料金プランをおしゃべり・ぴったりプランを利用した場合、マンスリー割と呼ばれる割引が1,300円/月が24ヶ月間適用されるため、24ヶ月間で31,200円の割引となる計算に。(1,300円/月×24)

この時点で実質100円で購入できるのですが、さらに今は最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンも行われているので、併用することで実質0円どころかキャッシュバック分お得になります!

キャッシュバック金額はプランによって異なるので、以下の表を参考にしてみてください。

プラン プランS プランM プランL
本体価格 31,300円
(1,300円/月×23+初回のみ1,400円/月)
マンスリー割 -31,200円
(1,300円/月×24)
キャッシュバック額 -10,000円 -11,000円 -13,000円
実質購入価格 -9,900円 -10,900円 -12,900円

※表記は全て税抜価格です

一番容量の大きいプラン”おしゃべり・たっぷりプランL”を選んだ場合は、HUAWEI P10 liteを実質0円で購入できる上、12,900円キャッシュバックされる計算に
12,900円あればキャリアの解約手数料もカバーできるので、更新月を待たずに乗り換えてしまった方がお得です!

このキャッシュバックキャンペーンは、キャンペーンページからの申し込みのみが対象となります。
通常の申し込みでは適用されないのでご注意ください!

 

 

HUAWEI P10 liteはこんな人におすすめ!

HUAWEI P10 lite商品画像

格安スマホの超人気機種、HUAWEI P10 lite。
実際に使ってみた感想ですが、

安いのに全然安く見えないことに驚きました・・・!

噂通り、コスパ最強のスマホだと思います!

  • 全然格安スマホに見えない
    かなり高級感のあるデザインです。なぜこんなに安いんでしょうか?
  • 電池持ちが良い
    ウルトラ省電力モードを使えば、ライトユーザーの方なら毎日の充電は不要!
    iPhoneから乗り換えた場合、この変化は画期的と言えると思います。
  • 簡単にきれいな写真が撮れる
    格安スマホだからってカメラを諦めなくてOK!明るく鮮やかな写真を簡単に撮れます。

コスパが本当に良いので、ライトユーザーの方からヘビーユーザーの方まで満足できるスマホだと感じました!

1円でも安く買いたい!って方は、実質0円で購入できてキャッシュバックも受けられるUQモバイルがおすすめですよ^^

 

 

スマホはLINE・カメラ・SNSしか使わない!って女性の方にはHUAWEI nova2もおすすめです!

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-UQ mobile

Copyright© au→MVNO au端末をそのまま使える格安SIMまとめ , 2018 AllRights Reserved.