auからの乗り換え方法

各社で異なる!格安SIMへの乗り換えはMNP予約番号の有効期限に注意!

投稿日:

MNP予約番号有効期限トップバナー

キャリアを含め、別の通信会社へ乗り換える場合、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用して乗り換える方がほとんどだと思います。

その際に必要なのが、MNP予約番号
他社へMNPする場合、現在利用している通信会社からMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

しかしながらこのMNP予約番号には有効期限があり、乗り換える際にはその有効期限の残日数に規定があることはご存知ですか?

今回は、格安SIMの乗り換え時に注意したい、MNP予約番号の有効期限についてご紹介します。

MNP予約番号とは?

スマホ利用イメージ

MNP予約番号とは、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用して他社へ乗り換える際に必要な番号で、申し込み時に必ず必要なものです。
この予約番号は利用中の通信会社から発行してもらわなければなりません。

発行方法は、auの場合は店舗または電話で行えますが、当サイトでは引き止めポイントももらえることから、電話で予約番号を発行することをおすすめしています。

他社へMNPする前に引き止めポイントをもらってお得に解約しませんか?
auの引き止めポイントの貰い方

MNP予約番号が発行されると解約になるの?

結論から言うと解約されません

予約番号を取得した時点で解約されると思いがちなのですが、現在利用している通信会社との契約が解約となるのは、乗り換え先の通信会社の回線が開通した時点です。
MNP予約番号を取得した時でも、乗り換え先への申し込み時でもないので注意が必要です。

逆を言えば、MNP予約番号を取得しても何もしなければ翌月も継続して今の通信会社を利用することができます。
突然使えなくなるわけじゃないので安心ですね^^

MNP予約番号には有効期限がある

このMNP予約番号には有効期限がり、auでは予約当日を含めて15日間です。

MNP予約番号は延長はできる?

MNP予約番号の有効期限は延長はできません
期限が切れてしまった場合は、再発行をする必要がありますので、注意が必要です!

申し込み時は要注意!各社で異なるMNP予約番号の有効期限残日数

カレンダー

有効期限のあるMNP予約番号。

注意したいのが格安SIMへの乗り換えの場合、期限内にいつでも乗り換えできるわけではありません
各社申し込み時点での、有効期限の残日数が決まっており、規定の期限をすぎている場合は申し込みすることができません。

これは、ウェブ申し込みが主流の格安SIMでは、申し込み日と回線開通日に日数がかかるためです。
MNP予約番号の有効期限内に回線開通できるよう、余裕を持った残日数で申し込みするよう定められています。

UQモバイルのMNP予約番号有効期限

UQmobileロゴ

UQモバイルでは、MNP予約番号の取得日から2日以内に申し込みしなければなりません。
規定に満たない予約番号と有効期限を入力した場合、システムでエラーが出てしまい申し込みが行えません。

UQモバイルのMNP予約番号入力画面▲UQモバイルの実際のMNP予約番号入力画面。規定外の有効期限を入力するとエラーメッセージが出て申し込みできません。

mineo(マイネオ)のMNP予約番号有効期限

マイネオロゴ

mineoのMNP予約番号の有効期限は、10日以上残っていることと決められています。
mineoの場合は、そもそもMNP予約番号の入力欄は、規定内の日程しか選ぶことができないため、該当のない予約番号は申し込みが行えません。

mineoのMNP予約番号入力画面

▲mineoの実際のMNP予約番号入力画面。有効期限はプルダウンの選択式で該当以外の有効期限のものは申し込みができません。

MNP予約番号の有効期限残日数がすぎると再発行が必要

先ほども書いた通り、MNP予約番号の有効期限は延長できないため、乗り換え先の規定期間をすぎてしまい申し込みできなかった場合は、予約番号を再発行するしかありません。

せっかく取得したにも関わらず、再発行となると手間でしかありません・・・。

MNP予約番号を取得したら当日中に乗り換え先に申し込みを!

格安SIMの乗り換えは、MNP予約番号の有効期限残日数も重要だと言うことがおわかりいただけたのではないでしょうか?

せっかく苦労して取得したMNP予約番号が使えないのはもったいないですし、面倒な再発行はできれば避けたいところ。
そのためには、MNP予約番号を取得したらすぐに乗り換え先に申し込むことをおすすめします。

番号取得後すぐに申し込むのが理想ですが、忙しくて叶わない場合は以下の期日までに必ず申し込むようにしましょう。
この期日で申し込めば、万が一審査落ちしてしまっても再発行せずに済むと思います。

MVNO 理想の申し込み期日
UQmobileロゴ MNP予約番号取得の当日
マイネオロゴ MNP予約番号取得から3日以内

auからUQモバイルへ申し込む場合は当日中には申し込みを!

UQモバイル、mineoの理想の申し込みスケジュール

auからの格安SIMへ乗り換える場合、UQモバイルやmineoへ申し込みを検討される方が多いと思いますが、特にUQモバイルは注意が必要です!
MNP予約番号の有効期限残日数がMNP予約番号の取得日から2日以内と定められているためです。
万が一入力不備等で再申し込みになることも考慮すると、当日に申し込んでおくのが理想的です。

対して、mineoでは残日数10日以上のため、3日以内に申し込めば万が一審査落ちして再申し込みとなったとしても、予約番号の再発行になることはないでしょう。

特にキャリアからはじめて格安SIMへ乗り換える場合、不慣れなことばかりで意外とケアレスミスで審査落ちしてしまうことも多いので、余裕を持ったスケジュールで申し込み手続きを行うことをおすすめします。

 

格安SIMの申し込みで審査落ちしてしまった場合は、こちらの記事もチェック!
UQモバイルに審査落ちした9つの理由と再申し込みの対策
mineo審査落ちの原因と4つの注意点

 

mineo

料金&通信速度別格安SIMランキング

安さNO1!mineo(マイネオ)

mineo

3GBプランが1,510円。au系格安SIMで一番安いのはここ!
大手キャリアからの乗り換えで4,000円以上安くなる!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★★ 1,510円

おすすめポイント

mineoの一番のおすすめはなんといっても安いこと。
3GBなら1,510円/月で利用ができ、auから約5,186円安くなります
通信速度は昼時は少し遅いと感じることがありますが、メールやLINEなどは問題なくやりとりできるレベルです。料金プランも大手キャリアのような複雑なオプションなどはなく、きちんと理解した上で申し込みができるのも魅力のひとつ。
公式コミュニティサイトマイネ王に登録しておくと、パケット貯蔵庫フリータンクを利用することができ、余ったパケットを預けたり、引き出したりすることができるのも人気のポイント!

 

速度NO1!UQmobile

当サイトからの特別特典あり!
auと変わらない速度を求めるなら、UQ mobileに決まり!

評価 料金(3GB) 通信速度
★★★★☆ 1,680円

おすすめポイント

auのグループ会社であるUQコミュニケーションズが運営するUQ mobileの魅力はなんといっても通信速度!ユーザーやさまざまなメディアの測定では、大手キャリア並かそれ以上の通信速度が出ていると評価されています。
3GBで1,680円と、mineoに比べれば少々割高に感じるかも知れませんが、auと比べれば5,016円も安くなります。しかしもキャリア同様にかけ放題も完備!
格安スマホとしてiPhoneが用意されていたり、店舗が多いなどはじめての方にもやさしい格安SIMです。
現在電話をよく使っている方・キャリアと同じような使い心地や安心感を求める方は迷わずUQmobileへ乗り換えるべきです。
さらに当サイトからの申し込むと最大13,000円分のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!

-auからの乗り換え方法

Copyright© au→MVNO auスマホがそのまま使える格安SIM比較 , 2018 AllRights Reserved.